読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Note

Travel record, note, tip.

Peachで韓国に行ってきました(1)

 Peachで韓国に行ってきました。


大韓民国 ソウル特別市

 乗り継ぎで何度か仁川国際空港には行ってましたが、入国するのは久しぶりです。日本から韓国へ行く場合、One WorldのJAL、Star AllianceのANAやAsiana、Sky Teamの大韓航空などがあります。また他にもあるようですが、今回は、就航したばかりのPeachを使って行くことにしました。

LCC(格安航空会社)を使いこなす99の情報 (二見文庫)

LCC(格安航空会社)を使いこなす99の情報 (二見文庫)

 

 話題のLCCということで、「安かろう悪かろう」とか「安全性に疑問」などと時々記事が出ているようですが、少なくとも安全性に関しては全く問題ないと思われます。それこそテイクオフしてまださほど時間も経っていないのに、事故なんか起こしたら、日本でのLCCそのものの未来がなくなるでしょうし、実際、搭乗してみても安全性に関しては何の心配もいらないと思います。むしろ、まだスタートしたばかりですから、普通の会社以上に安全面には気を使っているはずです。今回は関空発ソウル行きのPeachでしたが、実際に乗っても、特に安全面で不安になるようなことは一切なかったです。

LCCで行くぶらり格安世界の旅 (PHPビジュアル実用BOOKS)

LCCで行くぶらり格安世界の旅 (PHPビジュアル実用BOOKS)

 

 ざっと乗ってみての印象は、手作り感満載というところでしょうか。国際線が始まったばかりということもあって(ソウル行きがPeachにとっての最初の国際線)、スタートメンバーならではの、まだ既製品ではないよさが出ていたと思います。また、CAに男性が乗っていたのも印象的でした。日本では、CA(いわゆる「スチュワーデス」)で、男性をみることはほとんどありませんが、たまたまでしょうか、搭乗した便には男性のCAが乗っていました。個人的にはどっちでもいいのですが、CAが女性ばかりである必要は微塵も感じないので、なかなかよかったと思います。

激安エアラインの時代 (平凡社新書)

激安エアラインの時代 (平凡社新書)

 

 関空でのチェックインは、国内線は別のビルで、国際線では一番隅っこと、「安いから仕方ないか」という扱いですが、仁川国際空港では、特に隅に追いやられているということもなく、ANAとAsianaのチームがチェックインの担当をしていました(Peachは、ANAの「子会社」のため。なお、マイルはつきません)。つまり、普通と同じ、ということです。ただし、荷物などに関する規定はかなり厳しくて、スーツケースなどを預けると、その分別料金が発生します。また、食事も別料金です。食事なんかは、関空・ソウル間だと、あっという間に着いてしまうのでなくても何の問題もありません。のどの渇きが気になるという方は、あらかじめ購入しておけば何の問題もありません。

得する格安航空旅行 LCCの使いかた

得する格安航空旅行 LCCの使いかた

 

 ところで、このエントリー、無駄にと思えるほどの本を紹介しているのは、(もちろんここから購入して頂ければ・・・ということもありますがw)かなり多くの本が、PeachのようなLCCについて書かれているということでもあります。つまり、ちょっとした流行というか、多くの人々の関心を引く話題であるということでもあります。それもそのはず、今回のチケットは片道で約5千円、往復で一万円という値段でした。もちろん、これはプロモーションの特別価格なので普段は、往復で15000円(税金、空港使用料込み)からになります。要するに、安いということです。これに、関空までの料金もかかるので、実質的には、だいたい2万円くらいから、ソウルまでの旅が楽しめるということになります(ちなみに、JALだと全部ひっくるめて35000円ほどになります)。

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)

週末アジアでちょっと幸せ (朝日文庫)

 

 さて、この額が実際、どれくらい安いのか。実は結構難しい所です。いつもと同じように、つまり荷物を預け、予約変更ありのコースを選んで、さらに出発日によっては、実は値段がほとんど変わらなくなってくることがあります。そういう意味では、LCCは、その名前にふさわしく、荷物など預けることなく、気軽に国内一泊旅行くらいの勢いで出発するのがいいのではないでしょうか。実際に、Peachでは、「ソウル日帰りの往復運賃1万円以下」というキャンペーンをしたりしています(実際には、これに税金、空港使用料込みがかかってくるので、もう少し高くなります)。 

 ともあれ、「超激安!」ということには、実際にはなかなかならないでしょうけれど、少なくとも気持ちの上ではLCCは、大きく値下げしてくれていると思われます。彼の国では、日本と違ってレバ刺しがたらふく食べられます。そんなわけで、次回から、このPeachを使った韓国旅行のレポートが始まります。どうぞよろしく。

 

<つづく:Peachで韓国に行ってきました(2) >