読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Note

Travel record, note, tip.

シリア旅行(11)26th Aug. バグダッドカフェとパルミラの遺跡

11日目。実質的な最終日になりました。

 今日は、パルミナの遺跡へ向かいます。

 朝がちょっと早かったので、バスの中でしばし眠りにつきます。

 休憩を途中でとったのですが、その場所の名前がすばらしい。

Bagdad Cafe 66

バグダッドカフェなんですよ。 

映画の方は、どっか新大陸の方でドイツ人が来てたりしましたけれど、こっちはほんもののバグダッドに限りなく近いカフェです。そして、まわりは砂漠。青い空。人の住んでいる気配、まるでなしです。

Bagdad Cafe 66

まだ午前中なので日差しもそれほどきつくなく、なにか別天地に来た気分です。もちろん、暑いのですが、からっとしていて、暑さを感じさせません。周りを見渡しても、なにやら世捨て人のようなおじさんが二、三人いるくらいで、ほんとに現実感がありませんでした。「この世のものとは思えない」という言い方は、ちょっと手垢にまみれた表現かもしれませんけれど、そんな感じです。わたしのなかでは、この場所が、間違いなく今回の旅のハイライトでした。

Bagdad Cafe

バグダッド。この町の名前がこんなに美しく響くとは思っても見ませんでした。この砂漠で、この名前を聞くと、そこが危険な場所であるということも忘れて、行ってみたくなりました。わたしたちは、「戦渦の」「危険な」バグダッドしかしりません。しかし、ここで出合ったバグダッドという名前はロマンにあふれた街です。Calling youという歌は、この町が私たちを呼んでいるのではないか、そんな風にも想像したくなります。いつかこの町にも、Apple Storeがオープンして、Arabic Hospitalityにあふれたジーニアスバーが開かれんことを。

Bagdad Cafe

あまりにも、このバグダッドカフェが素敵だったので、どうしても遺跡の方は点が辛くなってしまいます。

 

しかし、このパルミラの遺跡こそ「シリア旅行のハイライト」(バグダッドカフェにあった「旅のノート」より)らしいので、暑さにもめげず、見てきました。

 

パルミラは、Palmyraと書きます。まずは、エラベール家の塔墓。

Tower Tomb of Elahbel

やはり、ローマ帝国の影響をたっぷり受けています。 

P1040142

 ↓こんなふうにラクダに乗せてくれるサービスもありました(当然有料でした)。

P1040137

  それにしても、全盛期はどのようなものであったのか、想像は膨らみます。

P1040119

 いい意味でも、悪い意味でも、そのままという印象です。その辺を掘ったら、モザイクでも出てきそうな勢いです。

 こういう遺跡をどのように保存するかというのは、なかなか難しいところです。この遺跡は、言い方は適切ではないかもしれませんけれど、「ほったらかしにしてもそのままの状態で残っちゃっているので、そのままにした」という感じです。

  

バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray

バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版 Blu-ray

 

 こんな映画もありましたw

バグダッドの盗賊 [DVD]

バグダッドの盗賊 [DVD]

 

 

<つづく>