読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Note

Travel record, note, tip.

【妄想旅行】ブエノス・アイレスに行く

南米には未だ足を踏み入れたことがないtoruです。おら(Hola)*1

 そんなわけで、そのうち行ってみたいなと思っているのですが、行くならビザ取得が若干めんどくさいブラジルとかよりも、そしてさらに遠くへ!南へ!ということでアルゼンチンがいいかなと。銀とかその辺の落ちてそうじゃないですか*2 

TRANSIT(トランジット)21号  美しきアルゼンチン (講談社 Mook(J))
 

 それに、かの地にはパタゴニアという、なんとも魅惑的な自然があります。

 ある意味、人類の終着地の一つですから、この辺りを目指して旅行するのも悪くありません、というかぜひ行きたいですね。

というわけで、日本からブエノス・アイレスに行くにはどうしたら良いか

ワンワールド系のJALを中心に見ていきますと、成田から出発、ニューヨークへと向かいます。その後、AAを使って、ペルーのリマへ。そこからさらに南下、ようやくブエノス・アイレスに到着です。帰国は、同じ経路をたどるわけではなく、ブエノス・アイレスから、ロサンジェルス経由で関空に戻るルートが出てきました。このルートだと、南北アメリカ大陸をぐるっと三角形でひとまわりという感じになります。これはこれで楽しそう。

ところが、ここで思わぬ合いの手が入り、カンタス航空を使ってオーストラリア経由がいいという情報が。カンタスワンワールド系なのでこれは悪くありません。オーストラリアは行ったことがないので、これを機会にちょっと寄って行くのもいいかもしれません。

あんまりカンタス航空を使うという選択肢は考えたことがなかったので、かなり新鮮なサジェスチョンでした。その他にも、ターキッシュエアラインズを使った中東経由なんかもあり、それはそれで良さそうです。乗り換えの少なさ、というのでは、なぜかスキポール経由のKLMが候補として出てきました。そのあたりを経由するのも悪くないですね。

ただ、どのような経由で行くにせよ、日本から見ると地球の裏側に位置しているので行くのも帰るのも大変です。さらにいうと、夏休み中に行っても、向こうは冬ですから、そのあたりも考えないといけませんね。

 

パンパの風趣に魅せられて―ブエノス・アイレス在住三十余年の体験記

パンパの風趣に魅せられて―ブエノス・アイレス在住三十余年の体験記

 

 

*1:第一人称の方ではなく、スペイン語圏で広く使われている挨拶の方。

*2:Argentineの語源はラテン語の「銀」を意味するArgentumより。