Travel Note

Travel record, note, tip.

中欧を巡る旅(4)---ウィーン(その1)

さて、いよいよ、オーストリアの都、ウィーンです。

 

ブダペストからは、実は船でウィーンに、というドナウ川クルーズもありますが、時間がかかるのと、ちょっとお高い、さらには、毎日運行されているわけでもないので、あまりお勧めはできないかな。

 

さてさて、ウィーンですが、ここでもまずはあまり考えず、ホテルに向かいましょう。そのあとで、時間帯にもよりますが、お昼ご飯としては、まずはお約束のヴィーナー・シュニッツェルを試してみたいところです。もう、これは激ウマ、絶対に食べないとダメ・・・・かというとまあ、そこまでではないと思います(笑)

Wiener Schnitzel

↑こんな感じです。

レモンを絞っていただきます。話のネタとして、一度は、っていうくらいでいいと思います。有名店としては、ここ。フィルグミュラーというのが人気です。私が食べた店の名前は忘れてしまいましたが、細い路地、外で食べました。

www.yelp.co.jp

 この時点で、何時なのか、結構問題です。お昼ご飯と言っても、2時、3時あたりになることもあります。短い時間であちこち回るのもいいかもしれませんが、あまり欲張らない方がいいかな、とも思います。そんな感じですので、王宮あたりでもいいし、市立公園あたりを散歩するのも、街を歩くのもいいかもしれません。

ちょっと休憩しましょう。

ウィーンといえば、(多分)カフェ。ザッハートルテの「ザッハー」もあるし、老舗カフェのデーメルなんかもあります。ウィーンの目抜き通りはケルントナー通り、グラーベン通り、コールマルクトあたりでしょうか。見た目判断で多分いいような気もします。お疲れの感じかもしれませんので、甘いものを摂取しつつ、天気が良ければ、通りでお茶するのもいいのではないでしょうか。

そのあとは、ちょっとウィーンの中心であるシュテファン寺院でも見学しましょうか。高いところが好きなら、塔に登ることもできるはずです。工事してなければ、ですが(笑)カタコンベもあります。塔はさすがに時間制限もありますが、寺院の方は結構遅くまでやっていますので、ゆっくりどうぞ。

 

夕食は、プラフッタ(Plachutta)という、これまた名物料理を出すお店があります。

 

せっかくウィーン!ということで、クラシックを聴いてみるのもいいかもしれません。そういえば、シュテファン寺院の前で、(どんな人が演奏しているのかわかりませんが)クラシックコンサートのチケットを販売している人たちがいました。

 

そんなこんなで、ウィーン(その2)に参ります。