読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Note

Travel record, note, tip.

【妄想旅行】世界一周計画(だけ)

世界一周するならどうやって行こうかなとたまに考えるのですが、やはり、いきなり飛行機ではなく、船で出国したいところです。

 

それだと、中国か韓国かロシアということになりますが、ここは行きやすい韓国を目指しましょう。

 

その際も、大阪から釜山ではなく鳥取県境港から東海港がいいでしょう。ちなみに、境港市水木しげるの妖怪ロードがある町ですので、少し早めに着いて、こらからの世界一周に思いを馳せつつ、ネタを仕込むつもりでいっぱい写真を撮っておきましょう。

 

東海港からはさしあたり、ソウルを目指したいところです。電車もありますし、おそらくバスもあるのではないかと。もちろん、ここからは仁川へと向かいます。しかし、向かうは東アジアのハブ空港仁川国際空港ではなく、港の方です。実はここからは、中国への船が出ていますので、それを利用し中国へ。

中国移動は、電車を使いたいものです。

昆明あたりからベトナムハノイに行きたいですね。そのまま南下、カンボジアからタイに入りたい。再度、北上がいいです。

そこからラオスに入国、北上しつつ、ミャンマーへ向かいます。ラオスにはほとんど電車がないのでバスが、ボート(!)を利用します。

ミャンマーを南下して、再度タイに入国、今度はインドシナ半島を南に向かいます。国境を越え、いよいよイスラーム圏に入ります。マレーシア、シンガポールインドネシアへと向かいます。

シンガポールからは、次はインドネシア、ということになります。ここは陸続きになっていないので、飛行機利用ということになります。ジャカルタに飛んでもよし、そろそろ海を見たいということなら、いきなりバリ島へ飛ぶのも良いでしょう。

ここからどのように行くか、というのは少し難しいところですが、陸路でジャカルタあたりまで戻り、ここからスリランカに立ち寄り、その後にインドを目指したいところです。

インドは、かのアレクサンドロス大王でも怯んだところですので、どのように攻めるか、というのは楽しくも、難しいところですが、ここはチェンライあたりから入ってみるのも良いかもしれません。そのあと、個人的には推したいケララ州から北上、最終的には、デリーからの出国となると思います。

ここから西へはどこか湾岸の国どこかを目指すのがいいかもしれません。理想的にはパキスタンあたりからアフガニスタン、そのまま中央アジアの国と行きたいところですが、ちょっと大変そうです。あるいは、トルコまで飛んで、そこからイラン、北上してアルメニアグルジア(現在はジョージア)、アゼルバイジャンを見た後、中央アジアからでもいいかも。その後、ロシアに行ってもいいのですが、かの国はビザの関係で、少々ややこしい。ともあれ、トルコに戻っていよいよヨーロッパです。ここはまずは、東欧の国を中心に電車で北上を目指したい。バルト三国あたりまで入り、フィンランドまでは行きましょう。その後に72時間ビザなし渡航ができるロシアでサンクトペテルブルクに行きましょう。

ヘルシンキに戻って、そのまま船でスウェーデンに入国、デンマークを経由しドイツに向かいましょう。そのまま南下し、オーストリア、スイスを経由しつつ、イタリアへ向かいたいところです。世界遺産を堪能した後は、北上し、地中海の北側を通り、バルセロナを目指してスペインに入国したいですね。できれば、パラドールの一つや二つに宿泊した後(ここにサンティアーゴデコンポステーラをねじ込むという荒技もあります)。ポルトガルへ向かいましょう。その後はやはりモロッコへ飛びたいところです。

ここからはちょっと難しい。

アフリカをどうするかですが、モロッコから電車あたりでエジプトまで行けると良いのですが、ちょっと難しいそうなので、飛行機でカイロまで、その後は、エチオピア、ケニア、そして南アフリカへは行きたいところです。

 

その後、西側をどうするかですが、電車やバスというわけにもいかないでしょうから、飛行機で幾つかの国は抑えたいところです。

 

そして、いよいよアメリカ大陸です。やはり、ここは出発地をどこにするかもありますが、余裕があれば、そのままイギリスに行って、その後でニューヨークを目指したいですね。

 

そのまま南下、東側から、つまりブラジルあたりから入国、そのままアルゼンチン、パタゴニアを目指してさらになんか、マゼラン海峡を見てからチリを北上、ペルー、ボリビア、メキシコから再度アメリカに向かいましょう。できたら、カナダもちょっとだけ入国してから、最後はサンフランシスコから帰国したいものです。

 

ルートだけ書いてみたものなので、正確さにはだいぶ欠けますが、こんな風な感じだと、かなり世界一周感が出るのではないかと思います。