読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Note

Travel record, note, tip.

「ボランティア」のガイドでありながら、お金をもらうにはどうしたら良いか?

旅行をしていると、あちこちで「ボランティア」のガイドさんがいたりします。特に、日本の場合ですと、これは「無償」です。つまりお金が基本的には一切かかっていません。

これは、タダですから、利用する側にとっても悪くないし、ガイドする方も下手なプレッシャーがかからなくて気楽にできます。

しかし、このシステムではガイドのレベルを下げることはあっても、あげることは絶対にありえません。 

 

ガイドを利用する方からしてみたら、所詮は「タダ」ですから、「安かろう悪かろう」という意識が働きます。「ないよりまし」というところですし、結局はきっちりとした対価は得られてないでしょう。そういう意味では「ただより高い物はない」とも言えます。ある程度お金を払えば、それなりにクオリティを求めます。

 

ガイドをする方からしても、特に日本の場合ですと、ほとんどの人は高齢者です。つまり、退職後に教育委員会などが主催する講習会を受けて「ボランティア」でガイドをするわけです。もちろん、適当にやっているということはないでしょうけれど、ガイドの内容が良くても悪くても、何も変わりません。5分でやってほしいところを10分かけようが、1分で終わろうが、何も変わりません。これでレベルを上げるというのは難しい話でしょう。

 

お金が関わらないと、サロン的と言っていいのか、もしくはカルチャーセンター的と言っていいのか、自己満足で終わりがちです(もちろん、このこと自体は何も悪くはありません)。しかし、その自己満足から一歩踏み出して、得た知識を他人に伝えるという役割も担っているわけですから、ガイドの自己満足で終わるのはお互いに不幸なわけです。

 

では、どうしたらいいか。ここで、遠く東欧の国のブルガリア(ヨーグルトで有名)の首都・ソフィアでのFree Sofia Tourの事例を見てみましょう。

Free Sofia Tour

www.freesofiatour.com

これは、ソフィアで行われている英語による無料のウォーキングツアーです。これに参加してみました。

 

ソフィアという町の大きさにもよるとは思いますが、2時間程の参加時間で主要な名所は全て見ることができましたし、英語による説明ですので、(少なくともブルガリア語で行われるよりは)わかりやすく、ガイドさんたちにとっても英語は「外語」ですので(といってもかなり上手です)、そういう意味でもわかりやすいと思いました。

 

英語でのガイドという性格もあると思いますが、ガイドは若い人が中心、ほぼ大学生か大学院生といってもいいでしょう。もっともそうでないと、英語でのガイドはできないと思います(もう少し前の時代でしたら、ロシア語だったのかもしれません)。

 

さて、彼らは無料でこのツアーガイドをやっています。が、奉仕でやっているわけではありません。ガイドたちはちゃんのそれなりの対価を得ています。これが日本ではなかなか普及していないと思われる「寄付」です。英語ですとdonationです。つまり、ガイドをやった後で、小さな袋が回ってきて、「私どものガイドを楽しんでいただけましたら、任意の額で結構ですので、チップをいただけると幸いです」という感じで、それぞれのガイドは報酬を得ることができます。私が参加した時は、20名以上いましたので、一人500円払ったとしても10000円です。中にはもっと払った人もいますでしょうから、ひょっとすると20000円ほどになっているかもしれません。2時間で1万円以上ですから、悪くありません。もっとも、毎日ガイドの仕事があるわけでもないでしょうし、人数も多い日もあるかもしれませんが、少ない時もあるはずです。出入り自由のツアーですから、途中でどこかに行ってしまうこともあるでしょう(実際に、行方不明になった人も、用事で離脱した人もいました)。ですが、基本的には、ガイドそのものが面白くなければ、実入りはパッとしないでしょうし、逆に、非常に面白ければチップも弾みます。必ず弾みます。ちなみに、私も千円くらい払った(donateした)気がします。

 

Saint Sofia Church, Sofia

 

このようなシステムを日本でも取り込んで欲しいと思っています。このやり方が普及すれば、「ボランティア」ガイドの質も量も大きく変化するはずです。もちろん、いくつかの壁はあるでしょう。そもそも、日本の人はこの寄付行為(donation)に慣れていません。また、チップの文化もありません。そういう意味では、これは日本文化への挑戦でもあるかもしれません。

しかし、このように「対価を支払う」ということを定着させることによって、ある意味はっきりと評価が出てしまいます。そうすれば、きっちりやる以上のことをすると、しっかりとその対価は出てくるはずです。これが、ガイドのレベルを上げないはずがありません。

こういうことにお金が絡むことを嫌う人もいますが、カルチャーセンターの延長線上でやられるよりは、お互いにとって満足のできる物になるはずです。

 

ちなみに、先ほどのツアーの後では、有志の人たちだけで、カフェに行きました(私も行きました)。こういう楽しみもありますね。

 

中山道一覧(京都出発バージョン)

京都から江戸(現東京)の日本橋に行くには、東海道を行くのが一般的ですが、季節によっては川止めがあったりして、到着日時が読めなかったりします(これは、実は現代でも同様で、東名高速道路を利用するよりも、中央高速を使った方が、多少時間はかかるものの、設定した時間通りに到着するので、夜行バスなどはこちらを使うこともあります)。

 

東海道と中山道の分岐点

 東海道中山道の分岐点(現代のものですw)滋賀県草津市にて

 

  1. 京師(けいし:京都府京都市
  2. 大津宿(おおつしゅく:滋賀県大津市
  3. 草津宿(くさつしゅく:滋賀県草津市):ここまでは東海道と共通
  4. 守山宿(もりやましゅく:滋賀県守山市
  5. 武佐宿(むさしゅく:滋賀県近江八幡市
  6. 愛知川宿(えちがわしゅく:滋賀県愛知郡愛荘町
  7. 高宮宿(たかみやしゅく:滋賀県彦根市高宮町)
  8. 鳥居本宿(とりいもとじゅく:滋賀県彦根市
  9. 番場宿(ばんばじゅく:滋賀県米原市
  10. 醒井宿(さめがいじゅく:滋賀県米原市
  11. 柏原宿(かしわばらじゅく:滋賀県米原市):ここまで滋賀県
  12. 今須宿(いますじゅく:岐阜県不破郡関ケ原町
  13. 関ヶ原宿(せきがはらじゅく:岐阜県不破郡関ケ原町
  14. 垂井宿(たるいじゅく:岐阜県不破郡垂井町
  15. 赤坂宿(あかさかじゅく:岐阜県大垣市
  16. 美江寺宿(みえじじゅく:岐阜県瑞穂市
  17. 河渡宿(ごうどじゅく:岐阜県岐阜市
  18. 加納宿(かのうじゅく:岐阜県岐阜市
  19. 鵜沼宿(うぬまじゅく:岐阜県各務原市
  20. 太田宿(おおたじゅく:岐阜県美濃加茂市
  21. 伏見宿(ふしみじゅく:岐阜県可児郡御嵩町
  22. 御嶽宿(みたけじゅく:岐阜県可児郡御嵩町
  23. 細久手宿(ほそくてじゅく:岐阜県瑞浪市
  24. 大湫宿(おおくてじゅく:岐阜県瑞浪市)「大久手宿」とも
  25. 大井宿(おおいじゅく:岐阜県恵那市
  26. 中津川宿(なかつがわじゅく:岐阜県中津川市
  27. 落合宿(おちあいじゅく:岐阜県中津川市):ここまで岐阜県
  28. 馬籠宿(まごめじゅく:岐阜県中津川市
  29. 妻籠宿(つまごじゅく:長野県木曽郡
  30. 三留野宿(みどのじゅく:長野県木曽郡
  31. 野尻宿(のじりじゅく:長野県木曽郡
  32. 須原宿(すはらじゅく:長野県木曽郡
  33. 上松宿(あげまつじゅく:長野県木曽郡
  34. 福島宿(ふくしまじゅく:長野県木曽郡
  35. 宮ノ越宿(みやのこしじゅく:長野県木曽郡
  36. 藪原宿(やぶはらじゅく:長野県木曽郡
  37. 奈良井宿(ならいじゅく:長野県塩尻市
  38. 贄川宿(にえかわじゅく:長野県塩尻市
  39. 本山宿(もとやまじゅく:長野県塩尻市
  40. 洗馬宿(せばじゅく:長野県塩尻市
  41. 塩尻宿(しおじりしゅく:長野県塩尻市
  42. 下諏訪宿(しもすわしゅく:長野県諏訪郡
  43. 和田宿(わだしゅく:長野県小県郡
  44. 長久保宿(ながくぼしゅく:長野県小県郡
  45. 芦田宿(あしだしゅく:長野県北佐久郡
  46. 望月宿(もちづきしゅく:長野県佐久市
  47. 八幡宿(やわたしゅく:長野県佐久市
  48. 塩名田宿(しおなだしゅく:長野県佐久市
  49. 岩村田宿(いわむらだしゅく:長野県佐久市
  50. 小田井宿(おたいしゅく:長野県北佐久郡
  51. 追分宿(おいわけしゅく:長野県北佐久郡
  52. 沓掛宿(くつかけしゅく:長野県北佐久郡
  53. 軽井沢宿(かるいさわしゅく:長野県北佐久郡):ここまで長野県。読みは「かるいわ」がより正しい。
  54. 坂本宿(さかもとしゅく:群馬県安中市
  55. 松井田宿(まついだしゅく:群馬県安中市
  56. 安中宿(あんなかしゅく:群馬県安中市
  57. 板鼻宿(いたはなしゅく:群馬県安中市
  58. 高崎(たかさきしゅく:群馬県高崎市
  59. 倉賀野(くらがのしゅく:群馬県高崎市
  60. 新町(しんまちしゅく:群馬県高崎市
  61. 本庄宿(ほんじょうじゅく:埼玉県本庄市
  62. 深谷宿(ふかやじゅく:埼玉県深谷市
  63. 熊谷(くまがやじゅく:埼玉県熊谷市
  64. 鴻巣宿(こうのすじゅく:埼玉県鴻巣市
  65. 桶川宿(おけがわじゅく:埼玉県桶川市
  66. 上尾宿(あげおじゅく:埼玉県上尾市
  67. 大宮宿(おおみやじゅく:埼玉県さいたま市大宮区
  68. 浦和(うらわじゅく:埼玉県さいたま市浦和区
  69. 蕨宿(わらびじゅく:埼玉県蕨市
  70. 板橋宿(いたばしじゅく:東京都板橋区
  71. 日本橋(にほんばし:東京都中央区

 

より「歩く」ことを楽しむのであれば、開発が進んでいる東海道よりも中山道の方が好まれるようです。なお、「中仙道」との表記もありますが、「中山道」の方が正確です。

歩いて旅する中山道

歩いて旅する中山道

 

  

中山道69次を歩く 究極の歩き方120(改訂版)

中山道69次を歩く 究極の歩き方120(改訂版)

 

 なお、そのうちちゃんとレビューを書きたいですが、「旧街道を現代でも正確にたどろうとするのは、ほどんどのガイドブックでは、極めて困難」であると思われます。

中欧を巡る旅(8)---プラハから日本へ

最終日、プラハから(設定上の経由地である)ヘルシンキに向かいます。

 

市内からは幾つか空港へ行く方法があると思います。私は、中央駅からバスで空港に向かいました。この時は一人だったし、そもそも荷物もほとんどなかったので(スーツケースもなし)、バスで行くのが一番便利でした。人によっては、グループで動くこともあるでしょうから、その際はタクシーなどを使う方が便利かつ安くなることもあるかもしれませんし、荷物が多いのであれば、そちらの方がベターな選択である可能性もあります。時と場合に応じて。

Prague Ruzyne Airport

プラハ空港は、かつては「ルズィニエ空港」と呼ばれていましたが、現在は、初代チェコ共和国大統領(かつ劇作家でもあった)ハヴェルの名前をとって、「ヴァーツラフ・ハベル空港」Mezinárodní letiště Václava Havla Prahaと言われています。

 

あとは、もうひたすら飛行機に乗るだけです。乗るターミナルを間違えないように。

 

トランジットの時間は色々ですので、時間に余裕を持って。おそらく、プラハの空港で免税品の買い物をするよりも、トランジット先でする方がいいでしょう。まず、荷物になるのを避ける。次に、トランジット先の方がショッピングエリアが充実しているはずですので。

 

ヨーロッパを夕方くらいに出るのでしたら、日本へは日本時間の翌日の朝に到着(のことが多い)です。例えば10日の夜に出国したら翌日11日の朝、もしくは午前中に到着するはずです。この日はゆっくり休んで、明日からの英気を養いましょう。

 

<おしまい>

 

・・ですが、後で写真や文章、情報なんかを加えたりすることもあります。

中欧を巡る旅(7)---プラハ(その2)

中欧を巡る旅(7)---プラハ(その2)です。

 

午前中は、橋を渡ってプラハ市の西岸に行きましょう。目当ては、もちろんプラハ城、そして聖ヴィート大聖堂です。そして、ストラホフ修道院の「哲学の間」「神学の間」あたりも見ておきたいところです。たっぷり午前中かけて。

 

午後は、幾つかチョイスがあると思います。美術館めぐりもいいでしょう(プラハにはミュシャの美術館があります)。でもここはまた、カフカの街でもあります。てな訳で、ユダヤ人地区をお勧めしておきます。数々のシナゴーグ、そして、ユダヤ人墓地は必見というほかはありません。いろいろな意味で、重厚な経験ではないかと思います。日本にいると、文化としてのユダヤを肌で感じることはなかなかないと思いますが、このような場所を見ると、やはりヨーロッパの文化の一角を担っていたのだなと思わされます。

 

この日は、ほぼ、事実上最後の食事になると思います。是非良いレストランで、最後の晩餐を楽しみたいと思います。

 

明日は、プラハを離れ、日本に向かいます。

 

中欧を巡る旅(6)---プラハ(その1)

黄金の街、プラハ

プラハ、中央広場より

です。

ウィーンからは、だいたい4時間ちょっとくらい。早く乗り込んで朝食を電車の中で食べるのもいいし、旅人気分で(っていうか普通に旅人ですが)駅で食べるのもいいかもしれません。独特の雰囲気を味わいたいところです。

 ウィーンからプラハまでは安いチケットだと35ユーロくらいから。こちらから予約もできるようです。

www.oebb.at

一応読み方は「オービービー」ではなく「エーベーベー」ですが、Ö(オーウムラウト)の発音はドイツ語に慣れてないと難しいので、英語でAustrian Trainとか言ったほうがいいでしょう。

 

ハンガリーからの列車もそうですが、ここも絶対日本ではありえない「国際列車」です。車窓を楽しみながらコーヒーでも飲みたいと思います。

 

ともあれ、プラハに着いたら、やはりホテルへ・・・の前に、両替、もしくはキャッシングを。ハンガリーも独自通貨ですが、ここチェコも独自通貨です(オーストリアはユーロ)。

プラハ中央駅

中央駅は、こんな感じです。

 

荷物を置いたら、何はともあれ、中央広場へ。ここに(宗教改革の先駆者として有名な)ヤン・フス先生がおられます。ちなみにここは、先生が火あぶりになった場所でもあります(笑)。今は、観光の中心地。いわゆる旧市街のエリアになりますので、迷いながらも、カレル橋(英語では「チャールズ・ブリッジ」)を目指しつつ、うまくいけば、夕日を見られるかしら。もしくは、旧市庁舎の塔がありますので、そこからの眺めも楽しみましょう。時間が合えば、こんなのも見られるかも?

Prague

(確か)時間を教えてくれるラッパを吹くおじさんです。ぷっぷくぷー。

 

プラハは、古い町並みが残る都市。映画「アマデウス」のロケ地でもあり、最初の「ミッションインポッシブル」(の第1作目)の舞台でもあります。迷うのが楽しい街です。迷った先で、ご飯も食べちゃいましょう。もちろん、初めから決めておくのもいいですが、プラハは観光の街でもありますので、レストランはちょっと高めかも。その辺は割り切っておくのがいいかも。そして、飲むべきはビール。いわゆる透明度が高いビール(これをピルスナーpilsnerと言い、世界中で一般的にビールといえば、このタイプです)は、チェコ生まれです。

 

夜のカレル橋も素敵です(朝もいいです)。ここには、フランシスコ・ザビエルもいます。ちなみに、ここを流れる川はドナウではなく、モルダウ川(ヴルタヴァ川)ですので、ご注意。 

先ほどの自由広場も出てきますよ!

 

中欧を巡る旅(7)---プラハ(その2)へと続きます。

中欧を巡る旅(5)---ウィーン(その2)

中欧を巡る旅の第5回目---ウィーン編、その2です。

 

この日は1日観光に使いましょう、ということで早起きできれば、シェーンブルン宮殿(Schloss Schönburn)に行ってみたいと思います。人気観光地の一つですので、早めに入館するのがいいかもしれません(8:30より開園)。

 

市内に戻って、午後は個人的にはウィーンイチオシの美術史美術館(と自然史美術館)に行きましょう。ご飯は、どこかで日本ではなかなか食べられないケバブ(もしくはギュロス。前者はトルコ、後者はギリシャ料理としてカテゴライズされていることが多いですが、基本は同じ料理です。そもそもちょっと前まではギリシャオスマントルコの一部でしたので本質的な違いはありません)あたりで食事をしてから美術館に臨みたいと思います。

 

美術史美術館は、人によっては「世界三大美術館」に数える人もいるくらいです(あとの残りはパリのルーブル美術館とロンドンの大英博物館)。どちらも行ったことがありますが、ここが一番優雅かと思います。さらには、その辺に超名画がぽろっと展示してある、という印象です。ルーブルのように、すごいものをよりすごく見せている、という感じはないかな。さりげなく、そのまま置いてあるという展示です。

 

美術品を見るのは、ものすごく疲れます。歩き疲れるというのもあると思いますが、多くの情報を集中して見るということをするので、脳みそそのものがものすごく疲れていると思います。疲れたら、必要なのは、甘いもの、ということで、カフェブレイクはもちろん、館内にあるカフェ・ゲルストナーで決まりです。こんなところで、お茶していいんですか!という感じの優雅な空間です。オルセーにあるレストランも素敵ですが、ここも素晴らしい。是非経験して欲しいところです。ちなみに、私がここを訪れた時は、ここでパーティがあったらしくて、入店できず。代わりに、オーストリア生まれのレッドブルを飲みました(笑)そんなものが売ってたの?と思いかもしれませんが、ここの売店に行きましょう。売ってます(笑)ついでに、お土産はここで買うのがかっこいいのではないかと思います。

 広場を挟んで自然史美術館があります。恐竜さんたちとかもいますので、是非こちらも。お土産屋さんもなかなかの充実ぶり。「生き物系はちょっと・・・」というのでしたら、他にもこの辺りは、そもそもミュージアムクオーターなので、レオポルト美術館、ルードヴィヒ財団近代美術館などがありますので、お時間ある限り。

別にウィーンに限った話ではありませんが、食事をどこで取るか、というのはなかなか難しい。ミシュランの三ツ星から適当に見繕って、ってことはいろんな意味でそうそう簡単にはできないことでしょうし(予算と予約状況)、かといって、せっかく来たのだから、その辺りで、っていうのも当たればいいけど、そうでないことも多いので、ここは旅行者らしく、Trip Advisorで選んでみる、とか、ローカルの口コミを重視するならYelp(オーストリアでも使えます)あたりで検索してみるものいいかもしれません。旅行者向きなら、無論前者。地元っぽくお店を探すなら、後者がいいかも。

 

他の都市にもありますが、ウィーンにも「ウィーンカード」(ドイツ語ではWien-Karte)という、「市内の交通機関丸ごと無料、美術館とか入り放題、イベント無料や割引ありまくり」ってのがあります。他の都市はよくわかりませんが、ここのはかなりお得そうです。今回のプランだと48時間(実質2泊3日用)がオススメかなぁ。これがあれば、切符も買わなくても済むし、ディスカウントも、様々、さらにはこれを買ったから、ちょっとでも元を取ろう!という気になってアクティブに動けるような気もします(笑)なお、こちらのカード、ヨーロッパでの類似のカードの中では最も評価の高いものだそうです。

www.wien.info

ちゃんと日本語での解説があるのは素晴らしい。

 

もう一泊して、明日はプラハに向かいます。

中欧を巡る旅(4)---ウィーン(その1)

さて、いよいよ、オーストリアの都、ウィーンです。

 

ブダペストからは、実は船でウィーンに、というドナウ川クルーズもありますが、時間がかかるのと、ちょっとお高い、さらには、毎日運行されているわけでもないので、あまりお勧めはできないかな。

 

さてさて、ウィーンですが、ここでもまずはあまり考えず、ホテルに向かいましょう。そのあとで、時間帯にもよりますが、お昼ご飯としては、まずはお約束のヴィーナー・シュニッツェルを試してみたいところです。もう、これは激ウマ、絶対に食べないとダメ・・・・かというとまあ、そこまでではないと思います(笑)

Wiener Schnitzel

↑こんな感じです。

レモンを絞っていただきます。話のネタとして、一度は、っていうくらいでいいと思います。有名店としては、ここ。フィルグミュラーというのが人気です。私が食べた店の名前は忘れてしまいましたが、細い路地、外で食べました。

www.yelp.co.jp

 この時点で、何時なのか、結構問題です。お昼ご飯と言っても、2時、3時あたりになることもあります。短い時間であちこち回るのもいいかもしれませんが、あまり欲張らない方がいいかな、とも思います。そんな感じですので、王宮あたりでもいいし、市立公園あたりを散歩するのも、街を歩くのもいいかもしれません。

ちょっと休憩しましょう。

ウィーンといえば、(多分)カフェ。ザッハートルテの「ザッハー」もあるし、老舗カフェのデーメルなんかもあります。ウィーンの目抜き通りはケルントナー通り、グラーベン通り、コールマルクトあたりでしょうか。見た目判断で多分いいような気もします。お疲れの感じかもしれませんので、甘いものを摂取しつつ、天気が良ければ、通りでお茶するのもいいのではないでしょうか。

そのあとは、ちょっとウィーンの中心であるシュテファン寺院でも見学しましょうか。高いところが好きなら、塔に登ることもできるはずです。工事してなければ、ですが(笑)カタコンベもあります。塔はさすがに時間制限もありますが、寺院の方は結構遅くまでやっていますので、ゆっくりどうぞ。

 

夕食は、プラフッタ(Plachutta)という、これまた名物料理を出すお店があります。

 

せっかくウィーン!ということで、クラシックを聴いてみるのもいいかもしれません。そういえば、シュテファン寺院の前で、(どんな人が演奏しているのかわかりませんが)クラシックコンサートのチケットを販売している人たちがいました。

 

そんなこんなで、ウィーン(その2)に参ります。