読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Travel Note

Travel record, note, tip.

東海道を歩くために

前回のエントリーで、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』のことを紹介しましたが、21世紀になった今でも、形は多少違うにせよ、東海道を歩く人たちという人はそれなりにいたりします。

 

「新版」とありますが、もう10年も前の本になっています。さすがにそろそろ新しいバージョンが欲しいところですが、アマゾンでもなかなかの高評価で、一冊は手元に置いておきたいところです。

新版・完全 「東海道五十三次」 ガイド (講談社+α文庫)

新版・完全 「東海道五十三次」 ガイド (講談社+α文庫)

 

 

 また、こんな本も。

 

 こちらは、確か番組で実際に東海道を歩いてみた、という記録を本にしたものです。

「街道てくてく旅」東海道五十三次完全踏破 (講談社 Mook)

「街道てくてく旅」東海道五十三次完全踏破 (講談社 Mook)

 

 

ちなみに江戸の日本橋から京都の三条大橋へ行くには、東海道だけではなく、中山道を通るというのもあり、こちらの方が遠回りになるようですが、川幅の関係などで、こちらの方が歩きやすいということもあったようです。現在でも東京と関西を結ぶ高速バスなどでは、渋滞の可能性が高い東名高速道路よりも、山梨県側を通る中央自動車道を使う方が、時間はかかりますが、渋滞は少なく、到着時間が正確に読める、ということでこちらを選択するという会社もあるとこのこと。なるほど。

 

中山道を歩く―日本橋‐三条大橋534キロ完全踏破 (歩く旅シリーズ)

中山道を歩く―日本橋‐三条大橋534キロ完全踏破 (歩く旅シリーズ)

 

 どちらもちゃんと歩いたことがあるわけではないので、なんとも言えませんが、基本の東海道、応用の中山道という感じで、どちらも歩いてみたいです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村